消火設備

消火設備

火災を迅速かつ効率よく消火するための方法として、さまざまな消火設備をご用意しております。こちらでは、火災エリアの特性に応じた機能を持つ消火設備群についてご紹介します。

消火設備とは

消火設備は、屋内・屋外を問わず、そのエリアの特性を考慮した使い分けが必要です。いかに安全に消火させるか、火災後の損失を防ぐかの視点を持たなければなりません。

消火栓

屋内消火栓

屋内消火栓

屋外排煙機

屋外排煙機

屋内消火栓
水源・加圧送水装置(消火栓ポンプ)・配管・ホース・ノズルなどで構成されています。また、火災警報装置などが併設されているタイプもあります。
屋外消火栓
屋外消火栓は、屋内消火栓と同様に、屋外で消火活動をおこなうための消火設備です。

スプリンクラー

スプリンクラー

天井に取り付けられたヘッドから、水を散水させる装置です。通常、ヘッドまで水が貯められていて、火災により熱せられ、部品が溶けることにより、自動的に散水される仕組みです。

水噴霧消火設備

水噴霧消火設備は、スプリンクラーの機能・形状と似ていますが、散水される水の粒子が細かく冷却効果・窒素効果にすぐれ、油火災に有益です。
また、油と水が混ざることで生じる混合物が流出した油の表面を覆い(=エマルジョン効果)、油の気化を抑えて火災の拡大を防ぎます。

泡消火設備

泡消火設備は、駐車場、自動車修理工場など、機械や危険物を取り扱う施設で多用されている消火設備です。
スプリンクラーヘッドに金属網が被さったようなヘッドを介して、泡消火薬剤と水と空気の混合物を散布します。炎とその発生源を冠泡することで、一気に鎮火させます。

不活性ガス消火設備

不活性ガス消火設備

二酸化炭素、窒素ガス、アルゴンなどの不燃性ガスを放出して、酸素濃度を抑えて鎮火する消火設備です。
不活性ガス消火設備は、水や消火剤による消火後の汚損が少ないという利点があります。しかし、不活性ガスは人体に有害なため、人がいる空間での設置には不向きです。

ハロゲン化物消火設備

ハロゲン化物消火設備

ハロゲン化物消火設備は、ハロン1211、ハロン1301、ハロン2402を散布する消火設備です。
ハロゲン化物消火設備は、水や消火剤による消火後の汚損が少ないという利点があります。しかし、ハロゲンはオゾン層を破壊する特定物質として、モントリオール議定書にて生産・消費が禁止されました。したがって、現在はハロン1211、ハロン1301、ハロン2402と代替物質のHFC-23、HFC-227eaが用いられています。

粉末消火設備

粉末消火設備

粉末消火設備は、窒素ガスや二酸化炭素で粉末消火剤を噴霧する消火設備です。
粉末消火設備は冷却効果や燃焼の連鎖・拡大を防ぐ効果があるため、駐車場や航空機格納庫などの機械や危険物を取り扱う施設で多用されています。

消火器

一般的によく知られている初期消火用の器具です。消火薬剤には、粉末・強化液・二酸化炭素などの種類があり、油火災に強い、一般火災に強いなど、それぞれ異なる特長を持ちます。

消火器の規格改正[2011年1月1日施行]
消火器の安全上の注意事項等についての表示が義務付けられ、規格が変更になりました。これにより、2012年1月1日から旧式の消火器は形式失効となり、2021年12月31日までに新規格の消火器へと交換が必要です。 また、製造年から10年を経過した消火器につきましては、引き続き、交換または耐圧性能試験(水圧試験)が必要になるのでご注意下さい。

有限会社ミノル電気工業   受付時間 9:00〜18:00 日曜定休

消防設備の点検・設置施工のことなら、ミノル電気工業にお気軽にお問い合わせください! TEL:03-3703-1838 FAX:03-3703-2861
お問い合わせ・お見積り

PAGE TOP


有限会社ミノル電気工業 ホーム サイトマップ